PAGE TOP

COMPANY会社情報

社史・沿革

社史・沿革

東洋ビューティの歴史をご紹介いたします。

1921

明治41年京都で岩瀬健次郎が生まれる。13歳で道修町のコニシ(株)に入社。

1931

23歳コニシ(株)を退職し独立、「岩瀬健次郎商店」を創立(大阪市南区高津)。

1939

岩瀬健次郎が「関西薬粧化学工業所」を設立。(大阪市浪速区)

1941

事務所兼工場および原料倉庫を建設。(大阪第一工場・大阪市東成区)
岩瀬健次郎が発起人総代となり塗料・糊料・エステル類・化粧品などの製造を目的とした「寿化学工業株式会社」を創業。(大阪市浪速区)

1944

頭髪用香水などの化粧品の製造開始。

1945

戦災により関西薬粧化学工業所焼失。本店所在地および主たる業務を大阪市東成区の工場へ移転。
「プリンス」「パルナス」の商標にて化粧品の製造販売を開始。

1955

事業拡大により第一工場を増築、真空乳化釜・動力ベルトコンベアなど機械設備を増強。

1957

化粧品会社、株式会社ハイネオを設立。

1958

輸出品の製造を開始。

1961

男性化粧品ならびに口紅・アイシャドゥ・眉墨などのメイクアップ商品を新発売し、総合化粧品メーカーとなる。

1969

壽化学工業の社名を「株式会社東洋ビューティケミカル」に改称。
払込資本金3,000万円とし化粧品、医薬品、医薬部外品の加工部門を増設。

1972

米国の化粧品会社より男性用化粧品の受託製造開始。

1973

米国大手化粧品会社製品と受託製造開始。

1974

独国の化粧品会社の製品の受託製造開始。

1975

プリンスの販売中止。化粧品OEMへの転換を決定。
英・和蘭グローバル企業の製造を受託・生産を開始。

1976

社名を「東洋ビューティ株式会社」に変更。

1979

大阪工場第二工場を建設。

1982

第三工場(現・中央研究所)を建設。

1987

台湾企業との技術提携。

1988

中国企業との技術提携。

1990

関東につくば新工場を設立。

創業者 岩瀬健次郎、逝去。

1994

伊国の世界的メーカーとの販売総代理店契約締結。

1997

資本金を3,750万円に増資。

1998

資本金を4,500万円に増資。

1999

三重県上野市「ゆめポリス伊賀」工業団地に上野新工場を設立。本社およびつくば工場にてISO 9001認証取得。
大阪工場を閉鎖。

2001

栃木県に宇都宮工場を設立。東京都中央区に「東京営業所」開設。上野工場にてISO 9001を取得。

2004

本社敷地内に「中央研究所」開設。(大阪市東成区)
宇都宮工場 ISO9001を取得

2005

化粧品製造販売業の許可を取得。

2006

本社およびつくば工場・上野工場・宇都宮工場にてISO 14001認証取得。「東京支店」に昇格。
新規ビタミンC誘導体原料(ファンコスC-IS)の開発に成功。

2007

株式会社HBCサイエンス研究所を設立。「ファンコスC-IS」の物資特許・配合特許取得。

2008

つくば工場を閉鎖。

2009

宇都宮第二工場及び宇都宮研究所設立。

2010

東京支店移転

2013

本社を大阪東成区より本町(大阪市中央区)に移転。旧本社をイノベーションセンターへ改称。

2014

イノベーションセンターを拡張。

2015

宇都宮研究所を拡張。

2016

上野工場および宇都宮工場にて、ISO 22716認証取得。

2017

株式会社セブンオーワンリサーチをM&A。

2018

佐賀県への進出決定。進出協定締結。
佐賀県が推し進めるジャパンコスメティッククラスターへ賛同し、JCCへ加盟。

2019

佐賀県に佐賀工場を設立。

OEM/ODMについてのお問い合わせ

  • 大阪 / 電話番号 06-6241-2123

    FAX番号 06-6241-2125

  • 東京 / 電話番号 03-3548-2991

    FAX番号 03-3548-2996

受付時間:平日9:00~12:00、13:00~17:30