MMP-1活性抑制試験
正常ヒト真皮線維芽細胞でのMMP-1活性に対する抑制作用を評価します。MMP-1は、真皮のT型コラーゲンを主に分解する酵素で、紫外線照射によりその発現量が増加し、活性が亢進され、コラーゲンの分解が促進されます。したがって、MMP-1活性を抑制する因子の検索は、 抗シワ・抗老化剤の開発のおいて重要な試験となります。