メラニン産生抑制試験
マウスメラノーマB16細胞のメラニン産生に対する阻害作用を評価します。紫外線照射によって、メラノサイトからメラニンが過剰に産生された結果、しみ・くすみが発生します。メラニンの過剰産生を抑制する因子の検索は、美白剤の開発のおいて重要な試験となります。